インタビュー(スタッフ紹介) Staff interview

採用情報 Adoption Information インタビュー(スタッフ紹介) Staff interview

A・H 通信大手D社 ディレクター

新潟県出身 大学卒

社会人9年目 血液型 O型

これまでのキャリア

以前は、携帯開発マネジメントを行っており、スケジュール管理やリスク管理、仕様調整が主な業務でした。
ソフトウェア開発技術者試験(現応用情報技術者試験)には受かっておりましたが、大学も文系で、プログラミングの経験がほとんどなく、スキルが乏しかったため、当初は技術的な話がほとんどできませんでした。
その後、スキルアップの目的と、WEB業界・デザイン制作に興味があったため、WEBデザイン・HTMLコーディング・javascript等を学び、この会社に入りました。
業務は、約2年半は、WEB制作を中心に、制作面でのディレクションも行っており、プロジェクト全体や、クライアント・ユーザー観点で物事を考えることも多かったです。

現場で求められていること

これまでも、他の人と技術的な話をすることは多かったのですが、今のプロジェクトでは、関わる範囲がさらに広くなり、様々な観点から物事を見た上での意見が求められることが多いです。それらの根拠として、基本的なプログラム設計やUI設計の考え方だったり、最近の傾向だったり、幅広い知識が必要になってきます。
知識を最初から持っている必要はありませんが、「なぜそのように考えたのか」「なぜそう判断したのか」を自分の中できちんと説明できるよう、分からない・足りない部分は積極的に調べ、自分の中に取り込んでいくことが必要です。また、様々な立ち位置の人と関わるため、独りよがりにならない広い視野も必要になってきます。

描いている自分の将来

新規サービス・サイトの立ち上げ・仕様調整等、提案から携わってプロジェクトを回してみたいですが、スキル不足を常に感じているため、ディレクションと並行して、デザイン・コーディング等、手を動かせる環境にはいたいと考えています。

現場で得ることが出来ること

関連会社・部署との調整が多いため、どういう流れにもっていくか、問題をどう解決するか、という話をよくします。プロジェクトを上手に回す人も多く、マネジメントスキルという観点で、とても勉強になります。
また、デザイナー・SE等、様々な人と関わることで、これまでの自分にはなかった観点の話も聞けたりして、視野も広がります。

現状の満足度と抱負

プロジェクトを回す上で勉強になることは多いですが、調整事が多く、もっとフロント寄りで手を動かしたいです。

待遇について満足度と今後に期待するもの

デザイン寄りの業務も少しやらせていただけると嬉しいです。

応募者へのメッセージ

自分が今何を求められているか、自分に今何が足りないか、
そんなことを考えながら、日々仕事をしています。
新しいことを学ぶ時のとっかかりは大変ですが、痒い所に手が届く対応ができれば、得られる信用も大きくなり、充実感もひとしおです。
メリハリがあり、楽しい職場だと思いますので、押さえるところはしっかり押さえて、いい仕事をしましょう。